四十を過ぎても惑いっぱなし

「四十にして惑わず」とか言うけれど、けっこう色々惑いながらもぼちぼちやってます。

初代から39年目。(セーラー万年筆・クリアーキャンディ)

前回カクノを紹介したので、今回はそれの対抗馬…になるんでしょうか。

とはいえ、今回紹介するのはある意味ではかなりの古参でもあるのですが。

 

f:id:amatsu763:20150423193059j:plain

セーラー万年筆のクリアーキャンディです。

初代のキャンディは1976年に発売され、2年足らずで400万本、累計で1500万本以上を売り上げた化け物です。

キャンディが廃盤になった後は天冠のデザインを変更してASマンハッタナーズとして販売され、セーラー万年筆100週年の2011年にクリアーキャンディとして復刻されました。

 

f:id:amatsu763:20150423193546j:plain

復刻前には限定品だとか何とか、かなり煽るような宣伝がされてたのを記憶してますが、現在でも販売されてるので完全にフカシだったんでしょうねw

 

f:id:amatsu763:20150423194135j:plain

元が安いので気軽にバリエーションを増やせるからでしょうか、東京スカイツリー限定なんて物もあります。

 

f:id:amatsu763:20150423194538j:plain

天冠は同じ形の色違いですが、ニブの刻印がかなり違ってますね。

初代キャンディから形が変わってないので、ニブだけ途中でマイナーチェンジした可能性もありますが。

 

f:id:amatsu763:20150423194851j:plain

f:id:amatsu763:20150423194854j:plain

スカイツリー限定の方は、あちこちにスカイツリーを意識させるデザインになってます。

完全な円筒形の軸とキャップに平らなクリップですので、プリントする場所には事欠きませんね。

 

で、肝心の使い勝手ですが…1976年当時のそのままなので、お世辞にも現代の初心者向けとは言いにくいですね。使いやすさではカクノ、価格ではプレピーに負けてしまってます。

これに3色のインクカートリッジと追加のふでdeまんねんニブを組み合わせたものがマイファーストという名前で販売されてますが、カクノ2本分の価格になってしまってるのでマーケティングとしてはどうかなと心配になってしまいますが。

 

 

 

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へにほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ