四十を過ぎても惑いっぱなし

「四十にして惑わず」とか言うけれど、けっこう色々惑いながらもぼちぼちやってます。

万年筆

半年ほど来るのが遅い。(ダイソー・Rosso Bianco万年筆)

ダイソーの500円万年筆、今頃入荷してたわ。半年ばかり遅すぎるだろw pic.twitter.com/C3Kq1YaiwT— 763 (@amatsu763) 2017年6月8日 昨年の11月頃から関東関西の方で存在が確認されてたものの、福岡には入ってこなかったダイソーの500円万年筆ですが、ようや…

ラミーの黒ニブは初だった。(LAMY・サファリ 万年筆 2017限定色 ペトロール)

こないだ博多の丸善に行った時にまた買ってきました。またラミーなわけですが…。 中身はラミー・サファリの今年の限定色のペトロールです。 amatsu763.hatenablog.com 同じ今年の限定色のアルスターはこちらで紹介してます。 そういや、黒クリップ黒ニブのサ…

バランスは悪くない。(小学館・『DIME』2017年7月号付録 ナノ・ユニバースコラボ high-grade万年筆)

久しぶりにAmazonで予約してまでこの雑誌を買ったわけですが…。 こういうものが付録なので買いました。 amatsu763.hatenablog.com 前に買ったのは2年前ですね。 そんなこんなで開封です。 本体の他に、ヨーロッパタイプのカートリッジが2本付いてきます。 DI…

ダイソーがまた出した。(ダイソー・万年筆)

以前、ダイソーの万年筆を紹介した事がありますが…。 また新しい万年筆が出てたので買ってきました。 前のも今回のも中国製ですが、透明樹脂というのもあってか一気に安っぽくなってますね…。 ちなみに、一時期万年筆クラスタを騒がせてた500円万年筆は、福…

アオラー殺しの限定色。(LAMY・アルスター 万年筆 2017限定色 パシフィック)

先月福岡に行った時に一本買ってきました。このラミーの箱は初めて見ますね。 中身はラミー・アルスターの今年の限定色のパシフィックです。 こっちで買うって宣言してましたし、幸いにも売り切れてはなかったので…。 博多の丸善で買ったんですが、あそこは…

2017年新年筆。(プラチナ万年筆・#3776センチュリー 万年筆 シャルトルブルー)

昨日博多に行って今年の新年筆を入手しました。 amatsu763.hatenablog.com ちなみに、去年の新年筆はこれでしたw 今年の新年筆ですが、プラチナ万年筆の#3776センチュリーのシャルトルブルーです。 脳内では色々と候補があったんですが、博多の丸善って思っ…

多分これが忘年筆。(PILOT・カクノ くまモンVer.)

www.pilot.co.jp パイロットからこういうのが出てるのですが…。 一本は持っておこうと、カクノを買ってきました。時期的にこれが忘年筆になりそうです。 特に何も考えずにFニブにしたんですが、よく考えたら首軸が透明な白軸はFニブしか持ってないからMニブ…

わかってて買ったわけだけど…。(日経BP社・『日経WOMAN』2016年11月号増刊・特別版付録 オリジナル万年筆)

普段買わないような雑誌を買ったわけですが…。 こういうブツが付いてくるんで買った次第です。付録の万年筆目当てで買ったのは今年初ですね。 今年なら日経トレンディにも付録の万年筆があったじゃないかと言われそうですが…。 amatsu763.hatenablog.com あ…

アルミの太い軸。(LAMY・アルスター 万年筆)

最近は紹介ペースがいい具合に上がってます。 …溜め込んでるブツに追いかけられてるともいいますがw 今日紹介するのは、ラミーのアルスターです。 amatsu763.hatenablog.com サファリの軸をアルミにしたモデルです。 担当デザイナーがサファリと同じなので、…

リサイクルショップの掘り出し物。(プラチナ万年筆・ポケット 18K)

今月はブログ更新のペースを上げて、紹介し忘れてたブツを紹介しようとしてるのですが…しまいこんでたブツもあれば購入するブツもありと、紹介忘れのブツの数が減ってくれません。 今回のは、最近購入した物の方ですね。 プラチナのポケット万年筆…で合って…

国産金ペン最安値。(プラチナ万年筆・14Kスタンダード)

お盆は終わりましたが、お盆前に整理をしてると色々とブツが出てきますね…というわけで、整理をしてたら出てきたブツの紹介です。 プラチナの14Kスタンダードです。買ったのは5年くらい前ですかね。 すっきりとした細軸で、手帳に合わせたりするには良さそう…

とと姉ちゃんのうんたらかんたら。(プラチナ万年筆・PGB-3000)

前回が旬の物の紹介だったので、今回も…一応は旬の物ですかね? プラチナのPGB-3000です。NHKの『とと姉ちゃん』のオープニングで出てくる万年筆はこれの青軸になります。 10年くらい前に買ってたブツですが、整理のついでで出てきたので今回の紹介となりま…

今日はムーミンの日。(学研ステイフル・ムーミン万年筆)

昨日Amazonで買った万年筆です。 学研ステイフルのムーミン万年筆です。 見ての通り、キャップにムーミンがプリントされてます。 moomin.co.jp ところで、本日8/9はムーミンの作者トーベ・ヤンソンの誕生日にちなんで『ムーミンの日』となってるのですが…買…

夏の透明軸。(セーラー万年筆・プロフィットジュニア)

自分は、国産万年筆ではカスタム74を4本、カクノも4本持つ程のパイロット派なのですが、久々にセーラーの万年筆の紹介になります。ブツの紹介としてはプロムナード以来ですかね。 今回のブツはプロフィットジュニアになります。 先日、博多の丸善に万年筆を…

ひねりの利いた…。(Pelikan・ツイスト 万年筆)

ブログの更新を半月以上サボってましたね…ここのとこの暑さでついつい後回しにしてました。 撮影だけはしてたので、月が変わったとこできりがいいので紹介です。 ペリカンのツイスト(Twist)です。 名前の通りに軸がねじれてます。 奇をてらってねじれさせ…

さらば、キャンディ。

以前紹介した事のある、セーラーのクリアーキャンディですが…。 【クリアーキャンディ万年筆について】昨年頃より導入店様へは弊社営業を通してご連絡させていただいておりましたが、キャンディ金型が限界を迎え製造は終了となっております。公式サイトでも…

74は増える。(PILOT・カスタム74 万年筆・MS)

先日、博多の丸善に行ってきたのですが、そこで万年筆を一本買ってきまして…。 パイロットのカスタム74です。 見た目にはノーマルの黒軸ですが…。 ニブが普通ではありませんでした。切り割りが2本あるミュージックニブです。 縦太横細の面白い字が書けるので…

2016年新年筆。(OHTO・マジェスティック 万年筆)

今年最初の万年筆、所謂新年筆を購入したのでその紹介です。 OHTOのマジェスティックです。 新年筆はもう少し引っ張ってから金ペンでも買うつもりだったのですが、TwitterのTLにAmazonで安くなってるという話が流れてきたので確認したら、元々値下げしてるの…

2015年忘年筆。(PILOT・カクノ)

2015年も、残すところ後2日となりました。 さて、万年筆クラスタには『忘年筆』という言葉があるのですが、要するにその年の最後に買った万年筆の事です。 自分の忘年筆はパイロットのカクノになりました。某所の30%OFFクーポンがありましたのでお安く手に…

コンコルド状態からの復活。(PARKER・パーカー25 万年筆)

ペンクリと本の話が続いてましたが、久しぶりに万年筆の紹介になります。 パーカーのパーカー25です。 世間一般というか、万年筆を知ってる人から見たパーカーの万年筆のイメージとはかなりかけ離れてるモデルです。 パーカーのクリップは矢をイメージしたア…

ボールペンも出て欲しかった。(PILOT・コクーン Limited Edition 2015)

こないだ、東急ハンズ博多のペンクリに行ってきたわけですが…。 そこで入手したブツです。 ハンズには置いてなくて、同じビルの丸善で入手しましたが。 コクーンの2015年限定軸です。 出るのは知ってましたが家の近くには取り扱い店がなかったので、ペンクリ…

長原先生調整済み。(セーラー万年筆・プロムナードST)

久しぶりに、雑誌の付録でない万年筆の紹介です。 セーラーのプロムナードSTです。STはシルバートリムの略ですね。 プロムナードは、本体価格10000円だったプロフィットが2000円値上げされた後に10000円のモデルとして登場した万年筆です。 ゴールドトリムだ…

隠し切れないチャイナクオリティ。(日経BP社・『日経ビジネスアソシエ』2015年11月号付録 アソシエ特製オリジナル万年筆)

また雑誌の付録に万年筆があったので買いました。 日経BP社の日経ビジネスアソシエ11月号の付録です。 ビジネス系の雑載なので、どこかのメーカーとのコラボではなくオリジナルですね。 中身のブツはこんな感じです。雑誌の付録お約束の中国製ですが、金属軸…

研磨とは何だったのか。(宝島社・『MonoMax』2015年10月号付録 アニエスベーボヤージュプレミアム万年筆)

雑誌の付録に万年筆があったので買いました。 宝島社のMonoMax10月号の付録です。 アニエスベーボヤージュとのコラボですね。 で、調べてみたら去年の10月号の付録もアニエスベーボヤージュとのコラボ万年筆なんですよね…MonoMaxの編集部はどんだけアニエス…

安くはないのに増えていく。(PILOT・カスタム74 万年筆)

ここのところの暑さで、ブログ更新以前にブログに載せる画像の撮影にやる気が出ない状態ですが、いかがお過ごしでしょうか。 お盆も過ぎたことですし、涼しくなってくれるといいのですが…。 そんなこんなで、久しぶりの万年筆の紹介になります。 パイロット…

字幅シールと足りないカートリッジ。(LAMY・サファリ 万年筆 2015限定色 ネオンライム)

昨日、丸善博多でラミー・サファリの2015年限定色のネオンライムを手に入れました。 口座の残高と現金の行き先が決まってて、使えるのがクオカードしかなかったのでここでしか買えなかったというのが…行って買って戻ってで半日かかるのでホイホイ行けないも…

夏だから透明軸…というわけでもない。(PILOT・ペン習字ペン)

最近やたらと暑いので、更新する気力が失せてました。今からこの調子だと、8月になったらどうなるんだか…。 まあ、エタるわけにもいかないので手持ちのブツの紹介です。 パイロットのペン習字ペンです。 名前の通り、ペン習字用に作られたんでしょうけど、な…

気がついたら廃番に。(PILOT・ニューヤングレックス)

久しぶりに万年筆の紹介になります。 パイロットのニューヤングレックスです。 本体価格3000円のモデルですが、5000円でセレモというほぼ同じデザインの金ペンがあるせいか、かなり影の薄いモデルになってしまってます。 自分も、某文具店で半額で投げ売られ…

雑誌の付録よりはまとも。(ダイソー・万年筆 カートリッジ式)

ダイソーの新しい万年筆がかなりいいという話をあちこちで聞いてたのですが…。 安いんで2色とも買ってきました。 お察しの通りの中国製ですが、軸のデザインや手にした時のバランスはいいですね。 クリップはやや固めですが、目一杯力をかけないと開かないよ…

肝心な部分で作りが甘い。(小学館・『DIME』2015年7月号付録 BEAMSコラボオリジナル万年筆)

普段雑誌は買わないのですが、付録に筆記具があったりするとつい買ってしまいます。 小学館のDIME7月号に万年筆の付録があったので買ってしまいました。 BEAMSとのコラボの万年筆ですね。 箱のデザインが洒落てます。 中身のブツがこちらになります。 所詮付…

どうして名前が違うのか。(LAMY・ビスタ 万年筆)

前回の記事で、サファリのノーマルカラーは持ってないと言いましたが、持ってると言えば持ってるし、持ってないと言えば持ってないという状態なわけですが。 これ、サファリのスケルトンだろと言われそうですが、厳密に言うとこれはサファリじゃないんですよ…

ノーマルカラーは持ってない。(LAMY・サファリ 万年筆)

ラミーのサファリです。 初心者用の万年筆としてよく名前が出てきます。 実際使いやすいですし、デザイン的にも優れてます。 ラミーは機能美を追求したバウハウスのコンセプトを掲げ、プロダクトデザイナーによって作られてるので、使いやすくてデザイン的に…

ローレットなのに滑る。(無印良品・アルミ丸軸万年筆)

無印良品のアルミ丸軸万年筆です。 無印の筆記具は、よく見るとOEM元というかベースの製品がわかる物が多いのですが、さすがにこれはベースがわかるようなデザインではないですね。 名前の通りのアルミ軸で、価格相応のステンレスニブの万年筆です。 マット…

初代から39年目。(セーラー万年筆・クリアーキャンディ)

前回カクノを紹介したので、今回はそれの対抗馬…になるんでしょうか。 とはいえ、今回紹介するのはある意味ではかなりの古参でもあるのですが。 セーラー万年筆のクリアーキャンディです。 初代のキャンディは1976年に発売され、2年足らずで400万本、累計で…

万年筆ブームの立役者。(PILOT・カクノ)

ボールペンばかり紹介してたので、そろそろ万年筆も紹介しないといけませんね。 というわけで、パイロットのカクノになります。 クセ文字も味わいに変える 万年筆が異例のヒット 〈AERA〉|dot.ドット この記事で紹介されてるように、安さと使いやすさで発売…

中身の方が高くなる。(プラチナ万年筆・プレピー)

昨日の記事の画像が大きかったのでビビってます。 画像ばかりが主張してるんで、一枚絵は4:3じゃなくて16:9の方がいいのかと悩んでおります。 しばらくは画像の方で試行錯誤すると思います。 今回も万年筆を紹介するわけですが、プラチナ万年筆のプレピーに…

入門用といえばこれだったんだけど…。(Pelikan・ペリカーノジュニア)

昨日作ったばかりのブログで三日坊主になるわけにもいかないので、手持ちの文具を引っぱり出して紹介してみます。 ペリカンの入門用万年筆、ペリカーノジュニアです。 子供向けに作られた万年筆ではありますが、見た目とは違ってしっかりとした万年筆です。 …