読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十を過ぎても惑いっぱなし

「四十にして惑わず」とか言うけれど、けっこう色々惑いながらもぼちぼちやってます。

ストレスフリーの書き心地。(ぺんてる・オレンズネロ)

amatsu763.hatenablog.com こないだの記事の時に行った文具店では色々と購入してたわけですが…。 噂のオレンズネロも在庫がありましたので購入しました。 このオレンズネロ、スペルは『orenznero』と回文になるわけですが、これはオレンズが出る当初から狙っ…

新色登場。(プラチナ万年筆・プレスマン)

amatsu763.hatenablog.com 以前紹介したプラチナ・プレスマンですが…。 行きつけの店に新色が出てたので買ってきました。 かなり前に出たはずなんですが、行きつけの店に出るのはかなり遅れてますね。 以前紹介した黒は旧バージョンの物なので比較を。 軸の…

折れないけど外せない。(ZEBRA・デルガード)

前回は痛恨の紹介忘れのブツの紹介でしたので、今回は予定通りに上げるつもりだった方のブツになります。 ゼブラのデルガードです。ぺんてるのオレンズとは違う方向での折れない系のペンシルですね。 折れないんだったら細い方がいいだろうってことで0.3に。…

赤青鉛筆がペンシルになるとこうなる。(AUTOPOINT・ツインポイント)

またペンシルの紹介ですが、見た目から怪しい代物ですね。 オートポイントのツインポイントです。何がツインなのかは見た目でわかりますねw クリップの刻印がないと、どこのメーカーのブツかわかりません。 個人的には、最近のやたらと社名を主張してくるの…

消しゴムが長くて芯が細いとなお入れにくい。(rotring・ラピッド)

今回のブツは、ロットリングのラピッドです。 同じロットリングにラピッドプロというモデルがあるので、知ってるとえらく紛らわしいなと思ったりもするわけですが。 で、また0.5じゃないのかと言われそうですが、このモデルは0.35(0.3)、0.5、0.7とあるの…

消しゴムが長いと芯が入れにくい。(ARISTO・3fit)

ペンシルの次はまたペンシルの紹介です。そして、またまともな芯径ではありません。 今回紹介するブツは、アリストの3fitの1.3mmです。アリストってどこのメーカーだと思う人が多いと思いますが、オーストリアのメーカーになります。 肝心の生産は日本で行わ…

細かく書くのにも折れない事は必要。(ぺんてる・オレンズ)

ここのとこ暑くて撮影してなかったので更新をサボってました。 今回もペンシルの紹介で、ぺんてるのオレンズです。 0.9を紹介した次が0.2と、0.5は持ってないのかと言われそうですがw メーカーのHPで「芯を出さないで書く!」と紹介されてますが、見ての通り…

速記に必要なのは折れない事。(プラチナ万年筆・プレスマン)

万年筆とボールペンは紹介してましたが、ペンシルをまだ紹介してなかったですね。 というわけで、プラチナのプレスマンです。ペンシルの一本目がこれとか、どんだけ渋い選択してるのかと自分でも思いますがw 芯径は、見ての通りの0.9mmです。 1978年発売のペ…